色白になりたい

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

t-AMCHAの美白効果と化粧品に使われる理由


3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

メラニン抑制の効果

美白に効果が期待できる、t-AMCHAという成分は、「t-シクロアミノ酸誘導体」といいます。

この成分は大手の某化粧品メーカーが開発したもので、しみや肝斑を改善するための成分と言われています。

シミや肝斑ができるのは、紫外線を浴びることにより、お肌が紫外線の害からお肌を守らなくては、という働きによります。

そして、メラニンが分泌される際に、脳から分泌された情報伝達物質があります。この情報伝達物質というのが、プロスタグランジンと言われるものなのです。t-AMCHAは、このプロスタグランジンに働きかけ、プロスタグランジンができるのを抑制してくれているのです。

メラニンを作ろうとするのを、抑制してくれるのですから、美白の効果も期待が大きく持てます。

一般的な美容成分とは違う「t-AMCHA」!

女性のお肌の悩みに肝斑というものがあります。

これも紫外線が引き金となって引き起こされるものではありますが、大きくは、女性ホルモンによるものと考えられています。

だからといって、肝斑に美白化粧品を使用しても効果がないかというと、決してそうではありません。

ある程度の改善も見られることもあるでしょうが、紫外線によってできるものではなく、女性ホルモンの調整によるものですから、違うアプローチが必要です。そこで、t-AMCHAなのです。t-AMCHAは、一般的な美白化粧品では、改善が見られなかった肝斑にたいしても、効果のほどが期待できるとされ、大変評価の高い美容成分の一つということで注目を浴びています。

シミとりレーザーでも、肝斑の場合には難しい部分があるとのことですから、t-AMCHAは、本当に女性の味方となってくれそうな成分です。

美容成分は、人によって合う合わない、効果が出る、出ないというのは当たり前のことですので実際に使用してみないと、その人に効果が見られるかは分からないのです。ですので、しみやしわに関しては根気よく使用することをおすすめします。くすみでしたら効果が早く見られると言われています。

スポンサードリンク

 

美白化粧品 成分解説   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る