脂漏性角化症 化粧品

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

脂漏性角化症とは?原因・スキンケア、化粧品の選び方【UVケア重視!】


脂漏性角化症はイボのような大きなしみ

脂漏性角化症とは老化現象によってできる皮膚疾患の1つで、年をとると誰にでも発症する可能性があります。

別名「老人性いぼ」とも呼ばれています。顔、あご、全身どこにでもできます。太陽の紫外線を浴びやすい顔には特に多く見られます。

高齢者のお肌に見られることが多く、はじめは1〜2ミリの茶色のしみがだんだん1〜2cmくらいの大きさになり、次第に盛り上がって皮膚の表面がざらついたような感じになります。脂漏性角化粧の特徴としては、皮膚の老化現象、誰の皮膚にでもできる皮膚疾患です。

いぼの色は肌色から茶色、こげ茶色までいろいろです。大きくなったものは2〜3cm程度の大きさ、皮膚が盛り上がった良性の腫瘍です。

黒い毛穴が点在しているように見え、皮膚の表面がざらついた感じです。症状があらわれる部位は顔や頭部、胸部や背中にもできます。

ほとんどが良性の腫瘍なのですが、中には悪性腫瘍の場合も考えられるので、その場合は皮膚を切除して病理検査がおこなわれます。

原因として考えられるのは、太陽の紫外線、遺伝的要因が考えられます。

日々のUVケアを怠らないこと!

脂漏性角化症のしみは、残念ですが化粧品では目立たなくすることは不可能と言われています。老人性色素斑と全く一緒ですので予防方法としては、日々のUVケアを怠らないことが大切です。しっかりとしたUV対策を行うことがポイントとなります。

脂漏性角化症は良性の腫瘍なのでそのまま放っておいても害はありません。頭などに少し大きめの腫瘍ができると櫛どおりが悪いということで治療を希望する人もいます。

また背中に大きめの腫瘍ができると、十分な睡眠がとれないなど普段生活していく上で不便を感じる場合もあり治療することがあります。その場合の治療方法としては、切除手術、液体窒素による凍結療法、レーザー治療などがあります。今では見た目を気にする人が多くなり手術やレーザー治療を希望する人が多いです。

なお、液体窒素による凍結療法をした場合は、1〜2週間すると腫瘍がぽろっと取れます。どうしても気になる方は、こういった治療をされるといいでしょう。

スポンサードリンク

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る