老人性色素斑 化粧品

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

老人性色素斑(日光黒子)とは?スキンケア方法、化粧品選び【紫外線対策を!】


老人性色素斑(日光黒子)は円形や楕円形のしみ

老人性色素斑は老化現象による老人性のしみで中年以降、皮膚にできる円形や楕円形のしみです。

日光に良くあたる部位にでき、顔や手の甲、腕、背中など、老人性色素班ができないようにするには若いうちから紫外線を浴びないように注意することです。また老人性角化班も老化現象で起こる皮膚の症状ですが、色素班の場合平面的なしみが出来るだけで、皮膚が盛り上がってくることはありません。

老人性色素班の特徴は、ほぼ丸い形。輪郭ははっきりしていて周りの皮膚との境界線もはっきりとわかります。大きさは爪の大きさくらいで、それよりも大きいもので3センチくらいです。

老人性色素班の最大の原因は、紫外線です。紫外線を浴び続けることによりメラニン色素が増え、肌に色素が沈着します。若いころ日焼け対策をしないで、日焼けした肌を放置していた人に多くみられます。しみの色も薄い茶色、濃い茶色へと変化します。

年をとってから急にしみが増えたなという人はこのタイプです。若いころの紫外線対策を怠ってしまった結果ともいえます。

また、老人性色素班のもう1つの原因として考えられるのがホルモンバランスの崩れです。ホルモンバランスが崩れないように日ごろから食事やストレスに気をつける事が大事です。

紫外線対策をすること!

老人性色素班のケアは若いころからの紫外線対策がポイント。このことを怠ると年をとってから老人性色素班に悩むことになります。

紫外線を防止する為にはいくつか方法があります。外出するときは帽子をかぶる、上着を羽織る、日焼け止めクリームを塗るなどです。

今の若い人が老人になったら老人性しみに悩む人は減るのではないでしょうか? なぜなら紫外線対策情報が多いからです。

にもかかわらず、皮膚に残ったしみを何とか取り除きたいという人には美容クリニックでのレーザー治療や光脱毛を受けるという方法があります。このような治療を受けることは有効なのですが、やはり費用がかかります。ですので、毎日使用する化粧品でのお手入れを心がけておくことがポイントとなります。

スポンサードリンク

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る