くすみ 予防

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

肌タイプ別くすみ予防法【脂性肌・混合肌・乾燥肌・敏感肌編】


色白になりたい人必見!くすみの予防方法について解説いたします。脂性肌、混合肌、乾燥肌、敏感肌といった肌タイプごとにくすみ予防の対策は多少変わってきます。あなたの肌に合った対策法を取ることが大切です。

脂性肌のくすみ予防

脂性肌の方は、もともとからお肌の油分が多く、乾燥する季節の冬場でもベタついている状態です。

メイクをする時にもファンデーションの油分がプラスされますし、時間が経つにつれ酸化してしまいます。お肌に必要のない古い角質がお肌の上に残って、くすみの原因となってします。ですので、脂性肌の方は、洗顔を朝と夜どちらもしっかりとする必要があります。メイクをしていない時でもクレンジングはするようにして下さい。

皮脂や汗が分泌されがちな脂性肌がくすまないようにするには、毎日の洗顔とお手入れがとても重要になってきます。皮脂や汗が残ってくすみや黒にきびのもとにならないようにするため、毛穴を清潔に保つ必要があります。

まずは、スチーマーや蒸しタオルなどを毛穴周辺に当てて毛穴を広げます。そして、クレンジングオイルを使って汚れをおとしていきます。決して力を強くせず、やさしくマッサージするように行ってください。

そして石鹸は、マイルドで弾力のある泡を出してくれるタイプをおすすめします。泡が濃厚であれば肌を痛めることなく、汚れをきれいに落とすことが出来るからです。

続くお手入れに欠かせない化粧水は引き締め効果のあるものを、クリームはビタミンが多く配合されているものを用いるといいでしょう。

混合肌のくすみ予防

かさつきとべたつきが表れる混合肌は、乾燥と脂っぽさに目まぐるしく襲われるためケアが、なかなか難しくなりがちです。

しかも、夏は外と室内の温度差が激しいことが更なる混合肌のくすみへ拍車をかけてしまいます。そうならないように有効な予防法は何があるのでしょうか?それは、毎日の洗顔とお手入れを肌の状態に合わせたやり方に変えることです。

たとえば、乾燥がある部分にはしっとりの化粧水に変えてみる、反対に脂っぽさが目立つ時には収斂効果のある化粧水を使ってみること、などがおすすめです。

洗顔方法でも、べたつきが多い所から重点的にマッサージをしていくように行うことでお肌のバランスを整え、くすみにくい肌質に近づくことができます。

乾燥肌のくすみ予防

クーラーや暖房が抜群に効いている乾燥した室内は乾燥肌の方には、すぐにダメージを与えます。

夏は特にどこにいっても乾燥の危険がついてまわります。ダメージは蓄積されるとくすみを引き起こしてしまいます。

では、くすんでしまう前に予防対策として有効な方法は何があるのでしょうか?

一番重要になるのが保湿ケアの化粧品選びです。乾燥肌のお手入れには保湿成分が含まれており、なおかつ重すぎないテクスチャーの物を選ぶと効果的です。お肌のバリアの役目をするセラミドが配合されている物などもおすすめです。

そして、付けるときにもコツがあります。特にクリームや美容液に当てはまることなのですが、一度にたくさん塗りすぎないということです。まずは薄めに塗って、足りないと感じたらまた付けたして、としていく方法がおすすめです。

この方法なら、つけすぎによるべたつきを防ぎ、お肌が丁度いい保湿状態でいられることができるからです。

敏感肌のくすみ予防

敏感肌の方は、環境のちょっとした変化でダメージを受けてしまうお肌のことを言います。

お肌のバリアの働きをするセラミドが少ないことが多く、そのため夏や冬などの外と室内の温度差でくすみがちになることが多くなってしまいます。くすみ知らずのお肌にするためにも、毎日のスキンケアがとても重要になってきます。

まずは洗顔ですが、汚れを落とすために強くこすってはいけません。優しくマッサージするように行いましょう。

そして化粧水はコットンパッティングをして、お肌に充分な水分を与えてあげます。続く乳液や美容液は、直接手で気になる部分に塗りましょう。浸透させる意識を持って、なじませるように行うことがコツです。また、アトピーの方の場合は使用する基礎化粧品の成分には、十分気をつけなければいけません。

くすみに効果のある成分でもお肌に合わないことがありますので、天然の優しい成分が含まれている化粧品を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る