くすみ取り洗顔

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

その色黒感…肌の「くすみ」が原因かも? そんな時には洗顔料でくすみオフ習慣を


kusumi-hada

kusumi-hada

しっかり美白ケアをしているつもりなのに、どうも肌に明るさが出ない。色黒感を拭えない…

そんな場合には、肌がくすんでいる可能性があります。肌のくすみを取ることで、意外と簡単に肌のトーンが上がることもありますよ。

そもそも肌のくすみとは?

肌のくすみには大きく2つの要因があります。

肌くすみの原因 その1

ひとつは汚れの付着です。そう。肌が汚れているんです。

肌が汚れたままになる原因は洗顔がしっかりできていないことです。洗顔が足りないこと、もしくは使用している洗顔料の洗浄力が弱すぎることによって、汚れが十分に落ちていないんですね。

ですから対策としては、もう少し丁寧に洗顔をするか、洗顔料をくすみ対策向きのものに変えてみることが挙げられます。

肌くすみの原因 その2

くすみの2つ目の原因は、肌の古い角質が残っていることです。

肌の角質とは、表皮付近にある肌細胞のことです。これが分厚くなると、肌の光反射率が下がります。これによって、肌のトーンが落ちるんですね。

肌の角質は、新陳代謝をすることによってどんどん肌の表面のほうへ押し上げられてきます。通常は、古い角質は洗顔や運動によって自然とはがれていきます。

しかし、やはりこうした洗顔などでの角質除去が不十分だと、角質が厚くなってきてしまいます。

対策としては、一番効果的で早い方法は洗顔を丁寧にすることです。角質を除去するためには、ピーリングなどの方法もありますが、ピーリングをしなきゃいけないってことは角質が既にたまっているんですよね。対症療法的です。

それはそれでひとつ有効なのですが、キホンは洗顔をしっかりすることです。

くすみ対策は洗顔が大事!

というわけで、くすみには「汚れ」と「角質」という2つの原因があることがおわかりいただけたと思います。

そして、くどいようですが、くすみ対策として一番大切なことは洗顔なのです。

人によっては、洗顔料を変えるだけで、汚れがうまく落ちることによって一晩にして肌がワントーン明るくなることもあります。

洗浄力が強すぎる洗顔料にご注意

ただしご注意ください。くすみを落としたいばかりに、洗浄力が強すぎる洗顔料を選んでしまうと、肌が荒れてしまいます。

もちろん、洗浄力の程度はあなたの肌の強さにもよるので、一概にはいえません。ただ万が一肌が荒れてしまうと、肌はさらにくすんでしまいます。

というのも肌荒れすると、肌細胞が不均一になります。すると光反射率が下がるんですね。曇りガラスがふつうの窓ガラスに比べて光を反射しないのと似ています。肌が元気がない状態は、光の反射率が下がっている状態でもあるのです。

ですから洗顔を変える際には、意気込みすぎないようにしましょう。

くすみ専用洗顔料のススメ

ひとつ、おすすめの洗顔料を紹介しておきたいと思います。

(洗顔料で洗ったあとの様子)
kusumi

→二十年ほいっぷ

この洗顔料ですが、くすみを専門にした製品で、うまいこと肌の汚れと角質を同時に落としてくれるようになっています。

しかも、肌への刺激が低く、肌荒れが起きにくい仕様です。

その理由は原材料にあります。ホエイという乳製品をつくる過程で生まれる天然成分からつくられているんですね。

ホエイは保湿効果にとても優れています。だから、肌が乾燥して角質が厚くなったり、バリアしきれずに肌荒れができたり、といった問題を予防してくれるのです。また、泡の粒子が細かいので、汚れの方もしっかり落としてくれるというわけ。

最近だとものまねメイクで有名なざわちんさんも使用しているようです。ものまねメイクは化粧ノリがとても大切ですから、洗顔料選びもセンシティブな問題のはず。

肌のくすみは色白肌になるためには避けて通れない部分ですから、一度洗顔を見なおしておくのもいいかもしれませんね。

公式サイトにリンクしております!
↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓


スポンサードリンク

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る