地黒 日焼け

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

地黒肌の美白ケアは日焼け対策から!UVケアをして色白肌になるには


最近では、紫外線の恐ろしさに対する意識が高くなっています。その影響もあるのか、以前は日焼けサロンで焼いた色黒の女性が目立っていましたが、肌が白い女性が世の中の大半を占めるようにになってきていますね。

ただ、地黒の女性は、「元々肌が黒いから意味がない」と言って、紫外線対策を怠っていることはないでしょうか。確かに、色が黒い人は、日焼けをしてもあまり変化がないことが多いです。肌が赤くなる前に黒くなってしまうので、日焼けのダメージをあまり受けていないように感じるかもしれません。地黒の人は、産まれもっが肌の性質から、メラニンを生成する細胞が人より多いので、紫外線の光を受けると、赤くならずすぐに黒くなってしまいます。

長時間外にいても日焼けで赤くなりにくく、肌が赤くただれることがないので、日焼けをしていないと勘違いしますが、実は、どんどん肌が黒くなり、美白ケアが効きにくい状態になっているのです。特に25歳を過ぎたら、元の肌の色に関係なくしっかりと紫外線対策をしましょう。目先の美白ケアだけではなく、将来のシミやシワにも関係をしてきます。

紫外線対策

日焼け止め

やはり、紫外線対策に有効的なのは日焼け止めです。顔だったら、ファンデーションや化粧下地に日焼け止め効果があるものを選びしっかりと、紫外線を肌に取り込まない対策が必要です。

UVカット

夏の暑いときでも、外を出歩くのならばUVカット素材の羽織ものを着るようにしましょう。また、手を覆うグローブやストール、日笠もあるので、うまく活用することをおススメします。

夏だけではない

紫外線が多いのは、何も夏だけではありません。5月頃から紫外線の量が増えるので、最低でも薄着になる春〜秋にかけて紫外線対策をしましょう。また、晴れている日差しの強い日だけではなく、曇りの日も要注意です。

色黒だからとあきらめず、紫外線の恐ろしさについて認識をしましょう。しっかりと美白ケアをしておけば、少しずつでも肌の色素がうすくなり、色が白くなっていくのを実感できるはずですよ。

スポンサードリンク

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る