地黒 原因

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

地黒になる3つの原因と基本対策方針 ~色黒悩みの解決へ~


一昔前、日焼けサロンに通ってまで肌を焼き、健康的な魅力を出すことが流行っていました。しかし現在美白を重要視する傾向がどんどんと強まり、日焼けの原因になる日差しをいかにブロックするか、ということがテレビや雑誌の特集として紹介されることもあります。
そんな中、地黒で悩んでいる方もとても増えているのです。元々の肌の色が普通より黒いというのが地黒ですが、そもそも地黒にはどのような原因が考えられるのでしょうか

地黒の原因1:遺伝

人の肌の色はメラニンの量で決まります。色白の方は生まれつきメラニン量が少ない体質で、逆に地黒の方は生まれつきメラニン量が過剰で多い体質なのです。

メラニンの量は遺伝的な要因で下限が決まりますから、家族や親せきに地黒の方がいる場合、地黒になる可能性が高くなります。地黒の肌のメリットは、紫外線から受ける体へのダメージが少なく、シミやシワが出来にくい体質だという点です。目元のクマなど気になる部分が目立ちにくいという点もいいところですね。

地黒の原因2:肌のくすみ

肌の「くすみ」から肌色が暗く見えている可能性もあります。腕や脚より顔の色が暗く見える方は、このくすみが原因かも知れません。
くすみ自体の原因としては、紫外線によるものや血行不良など様々です。ですから肌に良いと言われるビタミンを野菜や果物などから摂取するようにしたり、軽く顔のマッサージをするようにすることなどで改善していくことができます。

肌の生まれ変わりを促すターンオーバーが盛んに行われるのが22時〜24時の間ですので、あまり夜更かしせず睡眠をしっかりとっておくことも大切です。日常生活の不規則さから来るものが多いですから、そのあたりに気を付けるだけでも違いは出てきます。

また化粧を落とさず寝てしまうことが多い方は、かなりの注意が必要です。化粧品には様々な成分が入っていますので、落とさず放置をすることで肌にダメージを与えてしまいます。毛穴が詰まって顔全体のトーンを落としてしまうこともあるのです。よく泡立てた洗顔料で擦らずゆっくり丁寧に洗顔をするよう心がけましょう。

地黒の原因3:紫外線による日焼け

子どもの頃から日焼けを繰り返している方は、単純に紫外線の影響で色黒になっているという可能性もあります。

地黒だと思っていたけど、日焼け止めや日傘で紫外線をブロックすることで、気づいたら色が白くなってきている、という方もいるくらいです。日焼けのしにくい二の腕の内側などが他の部分よりも白い方は、徹底的に日焼けを防ぐようにしてみるといいかも知れませんね。

このように一口で地黒と言っても、たくさんの原因が挙げられます。地黒だからと言って絶対にこれ以上色が白くならない、ということではありませんので、色々な視点から美白を目指してみることがオススメです。

出来ることをしていこう!

ただ、遺伝なら直すことも出来ないし仕方ない・・・とがっかりする必要はありません。もし自分の身体の中で、顔の色より白い部分があれば、その色と同じ色までは白くすることができると言われています。

特に二の腕の内側やおしりなど日に当たることが少ない部分と、顔や腕の色を比較してみて下さい。即効性はありませんが、根気強く美白用の化粧品などを使うことで、肌本来の一番の白さにまで戻すことが可能です。

また、地黒の方は紫外線に強い分日焼けもしやすいので、出来るだけ日焼け止めや日傘で紫外線をブロックするようにしましょう。
目立たないというだけでシミなどの肌トラブルを引き起こすこともありますし、どれだけ美白に力を入れても紫外線を受け続けてしまうと意味がないですよね。できるだけ焼かない、すぐに効果がでなかったとしても、長い目で見て美白に良いものを継続して使うことで、白さを追求していくことができます。

元から黒いから美白なんてしてもムダ、と諦めずに、出来ることをしていくことが大切です。

スポンサードリンク

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る