乾燥肌の日焼けケア

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

日焼け肌の美白ケア!乾燥肌さんが絶対に心がけるべきポイント


乾燥肌の日焼け

乾燥肌の場合だけに限りませんが、日焼け後のお肌の荒れを引き起こし、そしてそれを悪化させるのはお肌の保湿機構がくずれているからにほかなりません。乾燥肌の方は特に、日焼けをすると余計に肌状態によくないという思いもあってか、日焼け止め剤を一生懸命に塗るという方法で日焼け対策を講じていらっしゃるかもしれません。

しかし、その日焼け止め剤がさらに乾燥肌の方の肌質を悪化させているかもしれないと言ったら驚かれるでしょうか。日焼け止め剤には日焼けをさせないようにする成分が入っているわけですが、その成分がお肌の乾燥をより一層促進させてしまっていることがあります。

日焼け止め剤にもいろいろなものがあり、保湿成分も入っていますという謳い文句もよく見られます。でも保湿成分が入っているからといって必ずしもしっとりするとは限りません。それどころか、塗ったそばからカサカサになってしまっている場合もあります。


市販されている日焼け止め剤には紫外線吸収剤や紫外線散乱剤という成分が配合されていることが大半です。しかもこれらの成分は、お肌の乾燥を進め、お肌に負担をかけてしまっていることが指摘されています。

保湿効果の高い美容液での美白術

乾燥肌の方は特に、ノンケミカルタイプの日焼け止め剤がいいようです。無添加、かつ石鹸でも落とせるようなものが安心です。それでも、日焼け止めを塗る前にはきちんとした保湿対策も重要です。適当な保湿ですといくらノンケミカルタイプの日焼け止め剤でも乾燥してしまうことがあるからです。

乾燥肌の方は、このように日焼け対策においてさえも乾燥によるお肌の老化の可能性が考えられます。ということは日焼け後、夏が終わったあとの美肌術としては保湿対策がなんといっても一番大事です。日焼け後のお肌は特に、敏感になっておりなおさら乾燥が進みます。火照りがおさまるのを待っての充分な保湿が大事です。化粧水はお肌に刺激がない、自分の肌に合ったものを、何回か重ねてぬるといいでしょう。その上でその水分を封じ込める意味での美容液や乳液、クリームなどを塗っていくとよいとのことです。

夏が終わるといってもまだまだ暑い日も続きます。紫外線もまだまだ多く日焼け止め剤は欠かせません。その場合、保湿といってもただ保湿効果の高いものを上から塗っていればいいというものでもありません。乾燥肌の場合にはインナードライという状態が考えられるからです。


インナードライをケアする方法としては、洗顔にまずはポイントがあります。洗顔料の選定ですが洗浄力の強いものは避けるようにしましょう。お肌に本来必要な油分まで取り除いてしまい、余計に乾燥を招くからです。ということで洗顔料はアミノ酸系のものが負担をかけにくいのでおすすめといえます。


化粧水についても同様で、アミノ酸系のもの、あるいはセラミドを配合してある保湿効果の高い美容液がおすすめです。というのはセラミドには水分を保持する役割があるからです。さらには、乾燥を防ごうとしてクリームをぬりたくなってしまうと思いますが、その場合、できれば油分の少ないものがいいでしょう。

スポンサードリンク

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る