色白になりたい

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

日焼けした混合肌の美白アフターケア


混合肌の日焼け

混合肌といえば、乾燥肌と脂性肌が同居しているかのような複雑なお肌の性質をもっています。たとえば、頬はカサカサしていてハリにも自信がないのに、Tゾーンは脂性に傾いていてニキビさえできてしまう…というお肌の性質を混合肌と呼んでいます。そんな混合肌の方の夏の日焼け後の美肌術は、特にどんな点に留意して行っていけばいいのでしょうか。

その前に、どうしてこのような混合肌になってしまうのか考えてみたいと思います。遺伝でしょうか。それとも生活習慣からこうなってしまうものなのでしょうか。答えは、後者の「生活習慣」によるところが原因になっていることが大半なのだそうです。

たとえば、アルコール類の大好きな方、タバコを多く吸う方は内臓の機能が正常に機能することが難しくなっている場合が考えられます。あるいは、ストレスが多ければそれが引き金となって、ホルモンバランスが崩れていることも多いものです。そのような体の内側での不調に加え、夏はエアコンの冷たい風、逆に外の熱い日差しや高い気温などの刺激があればお肌の状態を正常に保つことも難しくなってしまうのです。

そのために「混合肌」、つまり「乾くのにべたつく」という複合的な肌質を持ったお肌になってしまっている可能性が高いといわれています。

臨機応変なケアがポイント

混合肌の方のうっかり日焼けをしてしまった後の美白術としては、まずは、内側からの生活習慣改善も必要でしょう。お酒やタバコはほどほどにし、ストレスを別な方法で解消していくことも同時に、大事です。

日焼け後は、肌が軽いやけどを起こしている状態と同じです。まずは火照りをさまします。内側から水分補給をするのもよいでしょう。生活習慣で日ごろからタバコやアルコールの摂取量が多いのであれば、なおさら水分補給、そしてビタミンCの積極的なも大切です。
お肌の組織を生成するのに必要なビタミンCは、特に喫煙によってすぐに壊れてしまいます。喫煙の習慣がある方は特にビタミンCの補給が日ごろから必要とされているのです。

混合肌の方は、乾燥しているところとベタつくところがあるわけですから、乾燥しているところには化粧水を何回か重ね塗りをすることも必要です。保湿対策をしっかりしたらその上からオイルや乳液も重ね付けして水分を逃がさないような工夫も必要でしょう。

さて、暑い季節は特に脂分の分泌も盛んになりますので、混合肌の方の場合、臨機応変なケアが必要となりそうです。特に脂分が多く分泌されるTゾーンは、余分な脂分が肌の上で酸化することが懸念されます。そうならないように、テカリを感じたらすぐに脂分を取り除いていく必要があります。そのため、脂とり紙などで脂分を吸収させたりすることも必要です。

スポンサードリンク

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る