色白になりたい

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

最重要ポイント!紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤についてわかりやすく解説


b9d5d2b636ddff25ac06c6fafcbefb70_s

日焼け止めをぬれば、肌が赤くなったり黒くなったりを防ぐだけでは無くお肌への紫外線の浸入を防ぐ効果があるのは、ご存知の方が多いのではないでしょうか。日焼け止めが紫外線をカットする効果があるメカニズムは、「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」が配合されている為です。

似たような名前の2つですが、紫外線をブロックするメカニズムは全く違います。お肌が弱い人こそ特に注意してみておきたいこれらの違いは、紫外線カットの効果、肌への負担も違うので、どのような違いがあるのか見てみましょう。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤が紫外線をカットするメカニズムは、肌の表面で紫外線を反射させるためです。

効果

UV-A波、B波ともに散乱することができます。
ただし、紫外線吸収剤に比べると肌に優しい分、何度も塗り直さなければ効果が薄くなります。

仕上がり

塗った後に白くなりやすいデメリットがあります。お肌馴染みが悪いので、肌に残りやすいのがネックです。

成分

酸化チタン・酸化亜鉛などが一般的な成分で、細かい粒子状の成分が紫外線を反射させます。

お肌への負担

紫外線を反射させて、日焼けを防ぐ効果があるので肌への負担は小さいです。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤が紫外線をカットするメカニズムは、日焼け止めが紫外線を吸収します。
日焼け止めを塗った肌が紫外線にあたる事で、エネルギーを熱に変換して皮膚に紫外線が浸透するのをブロックします。

効果

UV-A波、B波ともにしっかりとカットする効果に優れています。

仕上り

塗った後は大変綺麗に肌になじみます。

成分

メトキシケイヒ酸が有名です。
他にも、メトキシケイヒ酸オクチル、ベンゾトリアゾール、パラメトキシケイ皮酸2エチルヘキシル、t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン、オキシベンゾン、オクチルトリアゾンなどがあります。

お肌への負担

日焼け止めとしての効果は大変高いのですが、その一方肌への負担が強いです。熱エネルギーへ変換する時に、肌の表面で化学反応が起きているので、肌荒れが起きる可能性が高くなります。
肌トラブルとして「接触性皮膚炎」があり、その他のアレルギーを引き起こす根源となることもあります。

紫外線散乱剤で注意する点

一見すると紫外線散乱剤を選べばお肌に優しそうですが、必ずしもそうとも言えない事実があります。確かに、紫外線吸収剤に比べれば比較的肌に優しいのですがここで注意したいのが、コーティング剤とナノ化についてです。

コーティング

紫外線散乱剤の主成分は、酸化チタン(二酸化チタン)と酸化亜鉛です。これらの成分は、光に当たることで活性酵素が発生してお肌の老化を加速させる恐ろしい役割があります。
その為、肌の酸化や痛みを防止するために成分にコーティングをかけています。シリコンは肌に悪影響を与えるので、天然成分でお肌に優しいものを選ぶべきです。

ナノ化された成分

紫外線散乱剤は、紫外線吸収剤に比べると肌への負担が幾分軽くなりますが、お肌が白浮しやすく、肌馴染みが悪いのがデメリットです。
そこで、肌によりなじみやすくするために、紫外線散乱剤の成分を100ナノ以下の大きさにナノ化させることがあります。

白浮しないと謳われている製品は、酸化チタンや参加亜鉛がナノ化されていますが、紫外線散乱剤の成分が小さくなるという事はそれだけ肌への吸収率も高まってしまい、結果的に肌を傷つけてしまいます。

まとめ

紫外線を浴びることで、肌のサビが進み、肌がどんどんと悪い状態になる可能性があるのです。紫外線吸収剤を避ければすべて言い訳ではないので、しっかりと細部までUVケア商品の中身を見てみるようにしてください。

敏感肌、アトピー肌など肌が弱い人で、日焼け止めが必要と言う事でしたら、必ず紫外線散乱剤を選ぶようにして頂きたいと思います。イチイチ裏面のパッケージの成分を一つ一つ確認するのは面倒、どれが紫外線吸収剤なのかよくわからないという場合もあるでしょう。

そのような時は、信頼できるメーカーから出ている日焼け止めの中で「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカルの日焼け止め」などと表記されている製品を選びましょう。

スポンサードリンク

 

敏感肌のための日焼け・美白ケア   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る