日焼け 美白 敏感肌

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

日焼けした敏感肌の美白アフターケア|低刺激UVケア用品を


敏感肌の日焼け

敏感肌の方は、日焼けをするとすぐにお肌が赤くなったり、ピリピリしたり、あるいはすぐに黒ずんでしまうというさまざまな悩みがあります。だからといって日焼け止めを常時たっぷり塗るわけにいかず、さりとていつも大きな麦わら帽子や黒い仮面のような日焼け防止便利グッズをかぶっているわけにもいきません。ということで、ひと夏が終われば美白対策に精を出そうとも思うわけですがこれもおいそれと自分の肌質にあう化粧品があるほうが珍しいという状態にあることも多いのではないでしょうか。

日焼け後のお肌がとくにピリピリしたり、赤くなったり、発疹ができたりするのは、一つには日焼け止め剤が肌質に合っていなかったということも大きな原因です。

少々ピリピリしても敏感肌用を購入したのだからと、無理して使用していると日焼け後のお手入れが難しいものになりがちです。敏感肌の方は日焼け止め剤の選択から慎重にしたいものです。

さて、日焼け止め剤がなぜ敏感肌の方によくないのかというと、微粒子酸化チタン、酸化亜鉛がお肌を刺激しているともいわれます。いくら敏感肌だと謳われていてもまずは自分の肌で試すことが大切です。そのときには腕の内側など、目立たない部分で試してから購入したいものです。
敏感肌の方の場合、日焼けしたあとには赤くなることも多いものです。敏感肌の方の場合の日焼け後の美肌術について述べていきましょう。

敏感肌のアフターケア方法

敏感肌の方はとにかく刺激に対して過敏に反応してしまいます。そのため、日焼けをしてしまったあとは、とにかく冷やすことが大切です。というのも日焼けというのは、ごく弱いやけどと同じ症状になるからです。
普通肌の方や、お肌が比較的強い方ならすぐに日焼け後のケア化粧品をつけても大丈夫かもしれません。しかしながら、実はそれが新たな刺激となっている場合もあるのです。

日焼け後のケア化粧品だと言っても、化学的な成分が入っていることも珍しくないと思います。弱いやけどを負っている、つまり日焼けをしているお肌にそんな成分をいきなりつけてしまったら、もしかして症状をますます悪化させてしまう可能性も無きにしも非ずです。

日焼けをしたあとには冷水などで冷やしてから、おおかたの火照りがとれてから、日焼け後専用のケア化粧品をつけていくと無難だといわれているのです。敏感肌の方ならなおさら、いきなりケア化粧品を塗るということは極力控えて、まずは冷やすということに専念したほうがよさそうです。

体調によってもお肌の状態は揺れ動きます。ケア化粧品をいきなり広範囲にぬることはせず、目ただないところがから徐々に塗り拡げていきましょう。

スポンサードリンク

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る