色白になりたい

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

敏感肌のための日焼けアフターケア 6つのポイント


5f9a0c47d87f865b1bc83ff85001a314_s

紫外線対策に日焼け止めをぬったら、しっかりとアフターケアをしましょう。しっかりとUVケアができた日も、少し日焼けをしてしまった日もちゃんとケアをしておけば、肌への負担が少なく済むはずです。

敏感肌のための日焼けアフターケアポイント

1.クレンジング剤を使って落とす

日焼け止めを使用したら、洗顔で落とせるタイプであっても必ずクレンジングを使って日焼け止めを落とすようにしましょう。石鹸だけで落とせるタイプであっても、成分が肌に残ってしまっては良くないです。しっかりとクレンジングを使って、きっちりと成分を落してから寝るようにしましょう。

2.冷やす

お肌の日焼けを折ったら、必ず冷やすようにしましょう。濡らしたタオルを肌に充てて、冷たさがなくなったらこまめに好感しましょう。赤くなっているという事は、肌がやけどを負っている状態です。

軽いやけどと思って軽視していると、熱が収まらずに炎症が悪化してしまう事があります。ひりひりが続くだけではなく、水ぶくれができることもあるので、出来るだけ早く、しっかりと冷やすことで肌のダメージを少なく抑えることができます。

3.化粧水で潤す

お肌がまだ赤い状態で化粧水をつけるのは、肌への負担が増えるので避けてもらいたいですが、十分に肌が落ち着いてきたら、化粧水をたっぷりとつけて潤いを与えるのが大切です。
紫外線を受けることで、肌は水分を奪われいます。普段以上にたっぷりと水分を補って、重ね塗りを心がけることも必要でしょう。出来れば、紫外線による炎症を抑える効果のあるローションを選び、日焼け後専用の製品を使った方が、肌への負担が少なく、炎症を和らげる役割をしてくれます。

4.美容成分を足す

お化粧水などで肌にしっかりと水分を与えたら、美容成分を補うようにしましょう。抗酸化作用、美白作用、保湿作用のある美容液が特にお勧めです。
ビタミンCなどの抗酸化作用に優れている美容成分で肌を整え、日焼けによって色が黒くなるのを抑えるために美白作用がある化粧品がおススメです。

ただし、肌の赤みがあるときには肌への負担が増えるので、肌が落ち着いてからにししょう。真っ赤に日焼けで晴れているときに使用すると、肌が痛む可能性があります。
その代り、まずは逃げてしまった肌の潤いを取り戻すために、美容液でも保湿をプラスするといいです。ヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分が有効的です。

5.食事に気を付ける

バランスの良い食事をとって、肌の内側からダメージの修復を心がけましょう。ビタミン類をしっかりと摂取して肌のダメージを抑えるといいです。
また、成分の吸収率を高めるサポート成分も同時に意識して補うとより効果的です。

ビタミン類

ビタミンCはメラニンの生成を抑える抗酸化作用に優れています。ホウレンソウ、レモンなどの柑橘系のフルーツに多く含まれています。ビタミンAはシミやシワを防ぐ効果があるので、同時に摂取してもらいたいです。ニンジン、鳥レバー、豚レバー、ウナギなどに多く含まれます。

ビタミンEは肌の新陳代謝を高めてターンオーバーを正常化させます。紫外線によって痛んだ表面の肌を、新しく生まれ変わらせる効果を促します。アボカド、鳥レバーなどに多く含まれます。ビタミンB2は皮膚細胞の蘇りを促します。新陳代謝を高めて、新しい皮膚を再生する効果が高いです。

タンパク質

ビタミンの吸収を高めるためにとても有効的な成分です。
動物タンパク、植物タンパクなど、バランスよくまんべんなく食べるようにしましょう。

カルシウム

ビタミン類の吸収を高め、肌のターンオーバーを活性化させる役割があります。

6.6時間以内がポイント

日焼けをした後は、6時間以内にどんなケアをしたのかが重要になります。お肌が紫外線により日焼けをしてから2〜6時間の間に体温が上昇します。この間にしっかりと冷やし、美容成分を与え、潤しましょう。食事などは、それからも気を使ってもらいたいですが、特に夜寝る前までが大切です。

敏感肌は、一般的な肌に比べて角質層が薄い為、お肌のダメージを受けやすい体質となっています。その為、保湿力が少なくより乾燥しやすいのが特徴です。

日焼けをした後は、肌にダメージが加わりやすく健康な人に比べて肌ダメージの受け方が大きくなるのでしっかりとアフターケアを考えなければなりません。

日焼けをする前のUVケアはもちろんですが、日焼け後のケアも怠らずに、しっかりと保湿や美容成分を肌に加えて、お肌が痛むのを抑えるようにしましょう。

スポンサードリンク

 

敏感肌のための日焼け・美白ケア   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る