色白になりたい

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

敏感肌が紫外線対策にとりわけ気を遣うべき7つの理由


4caae050d6dcaac16b8339d67fa93164_s

敏感肌の人は、些細な事でも肌が敏感に反応してしまいます。お化粧品等のトラブルと同じ位、多くの人が悩みをかかえるのが紫外線をはじめとした外気によるトラブルです。
しかし、敏感肌の人は、肌が敏感だからこそ、お肌に負担がかかる日焼け止めに抵抗があるという声も少なくありません。

ただ、日焼け止めをぬらずに放置していると、肌への負担が余計にかかり、今見えている肌が痛むだけではなく、将来にわたっても肌に良くない影響があります。ここでは、紫外線対策を怠ることで起こりうる恐ろしい悪影響とどうして、敏感肌は紫外線にとりわけ気を遣う必要があるのか見てみましょう。

敏感肌が紫外線対策にとりわけ気を遣うべき7つの理由

一般的な肌質の人にとっても、紫外線は肌のトラブルの要因になります。敏感肌の人は、ほんの少しの事でも肌トラブルを起こしやすく、目に見えるだけでも、すぐに肌が赤くなったり、ただれたりしてしまいます。

目に見えていないところでも、肌の機能が衰えたり、年齢肌を加速させ恐ろしい皮膚の病気を起こしてしまう可能性も少なくありません。まさに美肌の大敵と言われる紫外線なので、きちんとケアする必要があります。

1.お肌の炎症

日焼けをすることで、肌が赤くなるのは炎症が原因です。
お肌の表面がやけどを負っている状態で、角質層が破壊されてしまいます。

2.角質層の破壊

日焼けで炎症を起こすことによって、肌の角質層が破壊されます。
紫外線によるダメージが重なると、どんどん皮膚が肥厚してきてきめが粗くなってしまいます。

3.肌のバリア機能が低下

日焼けをすることで、肌のバリア機能が低下します。
外気から肌や肌の内側を守る機能が著しく低下するので、紫外線以外での外気による肌トラブルを起こしやすくなります。

4.乾燥

日焼けを負った肌は、肌にあるセラミドやコラーゲンが失われます。
潤い成分が少なくなった肌は、普段よりも乾燥しやすくカラカラの状態になりやすくなります。日焼けで肌がただれ、皮がむけているだけではないこともあるので、しっかりと保湿ケアを怠らないようにしましょうね。

5.シミ

紫外線がどんどんたまっていくことで、シミが出やすく無いrます。
敏感肌は、シミが表れやすい肌質なので、若いうちから紫外線による肌ダメージを少なくする必要があります。

6.湿疹・麻疹

敏感肌の中でも、日光の影響を受けやすい体質の人だと、普通の人ではあまり影響が出ない日常生活程度の紫外線でも積りに積もることで、湿疹や麻疹を起こしてしまう可能性があります。

7.皮膚がん

紫外線を多く受けることでの最悪のケースですが、皮膚がんになりやすくなります。色白の人や、元々皮膚のメラニン量が少ない人は、注意が必要です。

まとめ

最近では、オゾン層の破壊などの地球環境が懸念されていて昔よりも皮膚悪性腫瘍ができやすい環境下におかれてします。特に、肌へのダメージ受けやすい敏感肌の人は、特に注意が必要です。

紫外線には、とても恐ろしい影響があるのが分かったでしょうか。しっかりとUVケアをして、紫外線を防ぐことが取わけ大切ですが、紫外線を防ぐことばかりに固執しているだけでは完璧とは言えません。7つの理由の中には、皮膚の炎症や乾燥、シミなどの一般的に紫外線を浴びていればほとんどの人が経験する皮膚トラブルから、湿疹、麻疹、皮膚がんなどの重い病気を防ぐことが理由として挙げられます。

紫外線対策に必要なのは、日焼け前のUVケアだけではありません。さらに、保湿や美肌対策をして、しっかりとアフターケアをするようにしましょう。アフターケアで心がけたいのは、肌の炎症を抑えてクールダウンすることと紫外線により失われた水分をしっかりと補ってあげる保水です。

紫外線を浴びてから6時間以内にきちんとケアをしてあげることで、お肌ダメージを最小に抑えることができるので注意するようにしましょうね。「日焼け止めのテクスチャーが好きではない」、「肌の負担が大きいから嫌」などになる」と、UVケア製品を裂けてきたという人も、しっかりと紫外線対策をしてもらいたいものです。

スポンサードリンク

 

敏感肌のための日焼け・美白ケア   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る