色白になりたい

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

北の達人コーポレーション 二十年ほいっぷのレビュー:くすみケアならこれ!


pake

どんなアイテム?

株式会社北の達人コーポレーション・北の快適工房が製造販売しています。

代表者の木下勝寿氏は「健康管理士一般指導員」という資格をもっています。

二十年ほいっぷという商品が出来上がる過程とは、そのまま「肌のくすみをどうしたら改善できるのか」という
問題を解決することと重なります。

肌のくすみと一言でいっても、それには二種類のくすみがあることがわかりました。

そのくすみというのはまず一つ目が皮脂膜が原因のくすみです。

皮脂膜のくすみというのはお肌の表面にこびりついている皮脂やメイク汚れなどの汚れです。

もう一つのくすみとは、角質層が原因のくすみです。

乾燥した肌というのは水分をこれ以上蒸発させないために、角質層が厚くなっていきます。

水分を逃さないようにしようとする働きのせいで、角質層が厚くなることでくすみの原因になっていきます。

ではこの二種類のくすみの元を取り去れば、スッキリとした色白の美肌になれるのでは、
と思いますが洗顔料だけではそう簡単にいきません。

しかし、この北の快適工房では洗顔料だけでなんとかくすみを解決できるような石鹸がで
きないかと研究開発してきたそうです。

しかし二種類のくすみを同時に解決できる洗顔料を造ろうとすると、問題があったそうです。

お肌の上にこびりついた皮脂膜のくすみを取ろうと思うと洗浄力が強すぎて肌がつっぱる原因になります。

これが繰り返されると乾燥しやすくなり、角質層が厚くなってしまいます。

これでは、角質層のくすみのほうはなくなりません。

だからといって、潤いを残す洗顔料を作ると今度はお肌表面の皮脂汚れが落ちません。

そこで石鹸作りを20年来、直火釜練り製法で行ってきている職人さんに尋ねてみたところ、
その職人さんの開発した石鹸ならこの二種類のくすみを同時にとることができるということでした。

それというのも「皮脂膜のくすみ」「角質層のくすみ」をとる石鹸を掛け合わせるというものでした。

この洗顔料のネーミングが「二十年ほいっぷ」となったのもその職人さんの20年来の開発にあやかったものだそうです。

公式ホームページでは、スタッフのみなさんが実験的にこの二十年ほいっぷを片手にだけ使って、その両手の色の差を公開しています。

確かに使っていないほうの手はくすんでおり、使い続けているほうの手は白くなっていました。

ということで、この二十年ほいっぷを使うことで期待できる効果は、二種類のくすみを無理なく毎日の洗顔で改善でき、
つっぱらずにしっとりとしたエステ後のような美白肌の実現が期待できる、というもののようです。

こんな人にはおすすめできないかも

・洗顔料としての効果よりもチューブの形やデザインのよさを優先する人
・メイク落としには二度洗いをお勧めしているメーカーの使用方法に同意できない人
・脂性肌が酷い人

こんな人には自信を持っておすすめ♪

・乾燥肌や敏感肌のため、くすみを優しくとれるものを探している人
・容器の形やデザインよりも洗顔料の質や価値を重視できる人
・洗顔料の刺激に弱く気を使っている人
・メーカーが何を目的にこの洗顔料を開発したのかが理解でき、その目的と合致する人

スポンサードリンク

 

人気美白化粧品の口コミレビュー   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る