色白になりたい

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

リノール酸の美白効果と化粧品に使われる理由


57042dacda1a394b1861d2f8f72b0f4d_s

しみ予防としみの改善!二つの美白効果

リノール酸は紅花から抽出された天然成分です。必須脂肪酸の一種で、体の中では合成されないので食事など外から補う必要があります。

このリノール酸に美白成分が含まれていて美白に効果があるといわれています。日本のある大手メーカーはリノール酸の有効な働きに着目し、18年間もかけて独自に研究開発した「リノール酸S」という美容成分を作り出しました。またリノール酸には血中のコレステロールを下げる働きがあります。

またリノール酸の大きな働きとしては、しみ予防に効果があるといわれていますがしみにどのように働きかけるのでしょうか? しみは肌のメラニン色素が蓄積して出来るのですが、リノール酸のしみ予防のメカニズムはどのようなものでしょうか? 

それは、肌のパラサイト部分にあるチロシナーゼ酵素が分解されることによってメラニン色素が作られないようにするというしみ予防のメカニズムです。この働きによってしみが増えたり、従来からあるしみが濃くなるなどの肌トラブルを根本から解消します。

また、肌のターンオーバー機能が正常に働くように促進され、従来からあるしみのメラニン色素排出が促され、しみが薄くなります。つまり、リノール酸の美白成分にはしみ予防としみの改善、二つの美白効果を期待することが出来るということです。

お肌の潤いを守る力がある

リノール酸は肝班のにも効果があるとされています。例えば、肝班はしみの中でも治療するのが非常に難しく、改善しにくいしみです。

日常の食事に取り入れると難なく体の中に取り入れることが出来ていいです。また、リノール酸は肌の保湿セラミドを構成する成分でありお肌の潤いを期待することが出来ます。お肌の潤いを常に保つことが出来れば、いつまでも若々しい肌でいられるのです。

リノール酸の大きな働きはそれだけではありません。お肌の潤い成分の浸透率が高く、お肌にとっての有害物質に対するバリア機能が高まり美白成分としてだけでなく美容成分としても非常に有益な働きがあるといえます。

スポンサードリンク

 

美白化粧品 成分解説   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る