色白になりたい

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

フェニルエチルレゾルシノールの美白効果と化粧品に使われる理由


57042dacda1a394b1861d2f8f72b0f4d_s

代表的な美白成分よりも効果が高い!

フェニルエチルレゾルシノールとは、ヨーロッパアカマツから抽出された成分です。

角質層までゆっくりと浸透していきます。美白の効果があるとされていたハイドロキノンの2100倍、コウジ酸の2400倍、アルブチンの8000倍の美白の効果があるとされています。これはポリフェノール成分となり、合成されて出来上がった新しい美白成分となります。

メラニン色素を生成するチロシナーゼを阻害する試験では、今までの美白成分よりも、効果が高いということで知られている美容成分です。

人によっては、刺激を感じることもあるとの口コミも多々ありますが、それは「化粧品」という製品になっているから、ということもあります。 

メーカーによっても、刺激のある・なしは違うと思いますし、人それぞれでお肌の状態や性質は全く異なってきますので、色々な意見があるかと思います。美白の効果が他の成分よりも高いという事は、それだけ成分自体の濃度も高いという事ですので合う合わないははっきりするといえます。

しみにはもちろん!透明感のあるお肌へ!

美容の効果としては、しみを抑制し、明るいお肌を作り上げてくれるというところです。

配合の割合によっては、刺激を感じることもあるということなのですが、そこのところは、安全性を考えての配合率になっていると思われます。

ただ、人によって、あるいはその人の健康状態によっては、刺激を感じたり感じなかったりするので、ほかの化粧品や美容成分と同じく自分に合うかどうかを確認することが大切です。しみの原因といえば、チロシナーゼです。

フェニルエチルレゾルシノールは、このチロシナーゼをどうしたら阻害できるのか、という点から研究開発、試行錯誤の上に作り上げられた成分と言われています。こういった経緯から考えても、美容の効果という目的には、大きな期待がもてる美容成分です。

新しい形での美容成分が、これまで以上に美肌へと導いてくれるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

美白化粧品 成分解説   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る