色白になりたい

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

ビタミンC誘導体の美白効果と化粧品に使われる理由


096f134002b31b1d7f9c753001fd0ce5_s

活性酸素を除去

ビタミンC誘導体は、なぜ美白に効果があるとされているのでしょうか。

普通のビタミンCでは、なぜいけないのでしょうか。

通常のビタミンCは、大変壊れやすい成分であるということが言えます。

逆に、高濃度のビタミンCを紫外線に当てると、ビタミンCラジカルが増えすぎてしまい、帰ってお肌に刺激を与えて炎症にまで

発展することもあります。早く効果を出したいからといって濃度の高すぎるビタミンを使用するのは控えましょう。

美白の敵ともいえるメラニンは、悪者のように言われますが、実は紫外線からお肌をまもってくれる役目もあるのです。

これを無理に減らそうとすると紫外線の害が大きくなってしまうことにもなります。

ビタミンC誘導体は、お肌の基底となる層にといて、ビタミンCに変換されます。そして、メラニンを減らすために、美白の効果はより高くなりやすいといわれています。そのほか、ヒドロキシラジカルと呼ばれる活性酸素を消してくれる働きがあるため、メラニンが減ってしまっても紫外線からお肌を守ってくれるのです。

こういった理由から、ビタミンC誘導体は通常のビタミンCよりも、美白の効果が高いと言われている所なのです。

しみやしわ、くすみだけではなくニキビにも効果的

ビタミンC誘導体の美容効果のなかには、しみやしわ、くすみだけではなくニキビやコラーゲンといったものに対しても、

効果が認められているものがあります。まずは、ニキビですが、ビタミンC誘導体は炎症を抑える働きを持っています。

このため、ニキビを発生させたり悪化させたりする張本人、活性酸素を除去もしてくれるのです。

次に、ビタミンC誘導体のコラーゲンに対しての働きです。

コラーゲンは、ビタミンCが加わると、さらにコラーゲンの生成を促します。

ビタミンC誘導体によって、基底層で変換されたビタミンCは、コラーゲンの生成をより効率よく進ませるのです。

こういった働きから、お肌の老化を防ぎ、肌の損傷を改善し、修復していくという働きがビタミンC誘導体には期待されています。

ですので、ニキビ跡のしみにも効果が期待できる美容成分の一つとして重宝されています。

スポンサードリンク

 

美白化粧品 成分解説   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る