色白になりたい

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

コウジ酸の美白効果と化粧品に使われる理由


ecf2c4b78217c0c07fdde3b416cb5caf_s

チロシンやチロシナーゼに働きかける

美白に効果が高いとされる成分として、コウジ酸もそのなかに含まれます。コウジ酸というと、どんなものかイメージしにくいかと思いますが味噌などを作るときに使っているのが、麹です。このコウジ酸とは、美白の効果に関してどういった働きがあるのでしょうか。

まず、シミのできる過程を考えてみましょう。お肌に紫外線があたると、お肌の防御をしようとメラニン色素が生成されます。

その主な働きをしているのがチロシナーゼです。メラニン色素というのは、お肌にずっととどまっているわけではありません。紫外線からお肌を守ろうとする防御機能が不要になれば、ターンオーバーによって、次第にお肌から排出されていきます。しかし、このターンオーバー、つまりお肌の新陳代謝がうまく活発化していないと、お肌のメラニン色素が残ってしまい、ついには、シミとなっていくのです。

コウジ酸は、メラニン色素を作り出す働きのチロシンやチロシナーゼに働きかけます。

どのように働きかけるかというと、チロシナーゼが作用するときには、銅イオンが必要になります。この銅イオンを除去してしまうのがコウジ酸なのです。このため、チロシナーゼはメラニン色素を生成することができなくなるというわけです。

活性酸素の働きを抑制!さらには抗炎症作用まで!

コウジ酸が、お肌に良い効果をもたらすのは、チロシナーゼに働きかけて、メラニン色素の生成を阻害するだけではありません。

お肌の美しさを損なう、シミ・シワ・くすみができるメカニズムを考えてみましょう。一つ目の原因は、お肌の内部で活性酸素が発生してしまったときです。そして、二つ目は、外から何等かの刺激がおこり、お肌がそれを防御しようとするため、起こす炎症です。

これらがシミ・シワ・くすみができる原因の主なものです。

コウジ酸の働きとして、一つ目の原因である、活性酸素の働きを抑制するというものがあります。そして、二つ目の原因である炎症を抑える、抗炎症作用もあるのです。コウジ酸は、このようにお肌にとって良い働きがいろいろとある成分なのです。

スポンサードリンク

 

美白化粧品 成分解説   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る