色白になりたい

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

スポンサードリンク

アルブチンの美白効果と化粧品に使われる理由


799eefaac5d86e1a2088e9b916cbdaf2_s

従来よりも10倍高い美白効果!

アルブチンというのは、厚生労働省が認定した成分の一つです。そのアルブチンですが、大きく分けて2種類あります。

それが「αアルブチン」と「βアルブチン」です。実は、これらの成分は、随分前から化粧品に使用されてきている美容成分でもあります。そして、一般的に馴染みのあるアルブチンというのは、βアルブチンのほうをいいます。

化粧品の研究は日進月歩ですが、αアルブチンの中から、従来の10倍高い美白効果が期待できるものが出てきました。

それが、ロキノンとブドウ糖をα結合させた成分なのです。これは、シミに効果的といわれているハイドロキノンを安定させることができ、使用上にもより安全となりました。

その結果、従来、化粧品によく使われてきたβアルブチンよりも、美白に最も効果的だと考えられる働きについても、10倍の違いがあるようです。お肌の弱い方でも安心して使用できる美白に効果が期待できる美容成分として有名です。

メラニン生成を抑える

アルブチンは、美容外科でも使われているハイドロキノンと言われる美白成分を配糖化させた物質です。

アルブチンがどのように働くかというと、紫外線によって私たちの肌の内部では、メラニン色素を作り出して、強い紫外線からお肌を守ろうとします。このときメラニン色素を生成する要素とは、チロシナーズという酵素なのです。実は、アルブチンには、このチロシナーゼの働きを抑える強力な働きがあります。

このため、アルブチンには、美白の効果が期待されるといわれているのです。

ただし、アルブチンは、メラニンを作られてしまう過程での効果は期待できますが、すでに作られてしまったメラニンについてはビタミンC誘導体など、他の成分のほうが効果が高いとされています。ビタミン類の成分は濃度に違いあるためお肌の弱い方は、合う合わないがはっきりするというデメリットもあります。

アルブチンと比較するとアルブチンはより安全に使用できる、という事まで考えられて作られている美容成分ですので、これまでしみやしわ、くすみに効果的な美容成分で合わなかった方は、一度試されてみると良いかと思います。

スポンサードリンク

 

美白化粧品 成分解説   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る