色白になりたい

色白になりたい!くすみ肌を白くするための【美白化粧品白書】

色白になりたい!そんな想いを叶えるための情報サイトです。肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。その方法や化粧品を紹介します。

「色白になりたい」 色黒女性の想いを叶える美白化粧品


色白になりたい!肌がくすみがちのあなた、色黒のあなた。美白を手に入れることは不可能ではありません。ファンデーションでがんばるのもひとつですけど、素肌を色白に近づけることもできるんです。

あなたの肌に明るさと透明感がない理由


シミがひどいわけではないけど、肌に明るさがない… 1トーン下がった… その最大の理由は肌のくすみにあります。

くすみの3大原因

  • 原因1:紫外線によるメラニン生成と色素沈着
  • 原因2:乾燥による角質のめくれや硬化
  • 原因3:肌荒れ・炎症による過剰なメラニン生成

紫外線によってメラニンが生まれ色素沈着が起きることはご存知かと思いますが、この状態が長く続くとターンオーバーが追いつかない色素沈着が起こりがちです。さらに、肌が乾燥することで角質がめくれたり厚くなったりします。すると、肌の光反射率が落ちて、肌の輝きが失われるのです。特に、肌の弱い方は肌荒れをしやすく肌のバリア機能が弱っています。その分、紫外線などの外部刺激によってメラニンがつくられやすくなっています。色白になりたい場合、これらの原因に対策する必要があるのです。

>>地黒の原因について詳しく

透きとおるような色白肌へ!くすみの対策方法

あなたの腕の内側をご覧ください。これが本来のあなたの肌であり、原理的にはここまでは白くなることができるい一般的にいわれています。そこで必要な対策を紹介します。

  • UVケアしてメラニンの生成や沈着を抑えること
  • 保湿対策をして、肌に潤いを与えること
  • 肌荒れ対策をして、炎症を抑えること

しっかりと紫外線対策を行い、メラニンの生成と色素沈着を抑えることが何より大切です。ただ日焼け止めだけでは現実的には紫外線をすべてカットすることはできませんから、基礎化粧品で毎日のメラニンケアをしましょう。また、肌の角質をきめ細かく整えるには保湿が欠かせません。肌のキメが整うことで透明感が出てきますから、十分な保湿をしてくれるスキンケア用品を選ぶようにしたいところです。

>>地黒女性のための美白化粧品の選び方

くすみ対策のベーシックケアに試したい美白化粧品


サエル
ポーラ・オルビスグループのディセンシアサエルは、「肌のトーンが明るくなった!」「しっとりと潤いきめ細かさが上がった!」「敏感肌でもしっかり美白できた!」との呼び声の高い化粧品で、人気が急上昇中です。ポイントは、

  • メラニンの生成を抑制・還元するハイスピードメラノリターン処方
  • ビタミンC誘導体などの美白成分
  • セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分をたっぷり配合
  • 肌内部の炎症に優しくアプローチするナチュラル成分
  • 敏感肌ブランドならではの厳しい成分チェック

メラニンによる黒化、肌荒れによるトーンダウン、乾燥による透明感ダウンを1ラインで行うことができるため、肌のくすみを徹底ケアできるようになっています。敏感肌ブランドで優しくスキンケアできるので、毎日の美白ケアとしても安心して使うことができ、色白になりたいあなたにオススメです。

色白になるには?タイプ別美白ケア

色白になりたい、そんな想いを叶えるための欠かせない第一歩は、お肌の黒ずみタイプと原因を知ることです。それさえわかれば、対策をすることは難しいことではありません。あなたの色黒肌はどのタイプでしょうか?

くすみ肌タイプ


くすみ:肌の明るさや透明感が損なわれている状態。
くすみの原因はなに?
大きく2つあります。紫外線や炎症によるメラニンの過剰生成によって、色素沈着が起こること。そして、肌の老化や乾燥により角質が乱れたり硬化・厚くなることです。
また、洗顔不足で汚れが十分に落ちていなかったり、毛穴に汚れが溜まっているケースもあります。

しみ肌タイプ


しみ:部分的に濃い黒ずみができている状態。
しみができる原因はなに?
紫外線によるメラニンの過剰生成と、ターンオーバー(肌細胞の新陳代謝)の乱れが組み合わさることでしみができやすくなります。ストレスや睡眠不足、生理周期などによってターンオーバーが乱れると、メラニンの排出が弱くなり、色素沈着が起きるのです。
また、吹き出物やアトピーの炎症(敏感肌)が起こす炎症性の色素沈着が原因となっている場合もあります。

日焼け肌タイプ


日焼け:日焼けで一時的に肌が黒くなっている状態。
日焼けの原因はなに?
紫外線によってメラニン細胞がメラニンをつくりだすことで肌が黒くなります。しみやくすみと違い、通常、肌のターンオーバーでどんどん押し出されて肌は白く戻ります。

どれかひとつのこともあれば、複数の要因が組み合わさっていることもあります。ケアアイテムを選ぶにあたっては、原因に着目することがポイント!

例えば、普段から陽に当たる時間が長い方は、紫外線対策をしっかりするようにすることで、日焼け・しみ・くすみ全体の予防/対策になります。年齢に伴うくすみやしみが気になる場合には、エイジングケア系のアイテムを選ぶ、といった具合です。

色白になりたいならチェック!

色白になりたいなら、日々のケアとともに以下の美白化粧品も一緒に試してみて。一番大切なことは生活習慣や食事、メンタルケアといったカラダの基礎をつくる部分です。その上でさらに大きな色白効果を期待するなら、化粧品のチョイスもちょっと工夫してみましょう。

紫外線対策

色白になりたいならマストで気にしておきたい紫外線対策。日焼け止めだけではカバーしきれない日焼けを美白化粧品でケアしてあげることで、徹底した対策を。

ディセンシア サエル

サエル

くすみ肌から透きとおるような色白肌へ

こんなお肌に くすみ肌 / 敏感肌 / 乾燥肌 / 肌荒れ
セット内容 化粧水 / 美容液 / クリーム / 化粧下地
価格 1,480円(10日間お試し)


サエルシリーズの「ホワイトニングデイミルククリアリスト」は、紫外線カット・化粧下地・バリア機能アップ・美肌の4つの役割をこなしてくれる万能化粧品。白くなりたいあなたのマストな一品になるはず。

敏感肌の肌荒れシミ対策にも

敏感肌ぎみの強くない肌は、炎症によってしみができやすい傾向にあります。また、美白をはじめ化粧品による各種効果をうまく得られにくいことも特徴です。サエルの一番の強みは、その肌へのやさしさ。敏感肌は化粧品の持つ美白効果があらわれにくいことが難点ですが、サエルならしっかり効果を感じられるという人も少なくないようです。

保湿・ハリケアもあわせて行うなら

アスタリフトホワイト
肌のうるおいが足りていないと感じているなら、アスタリフトホワイトがおすすめ。FUJIFILMのアスタリフトシリーズは、「赤の力」アスタキサンチンを潤沢に配合しており、ハリアップ効果に定評があります。

サエルもバリア機能に優れており高い保湿効果を持っていますが、肌が弱いタイプではない方であれば、アスタリフトにチャレンジするとよいでしょう。

汚れオフするなら洗顔でケアを!

毛穴汚れ対策

毛穴よごれで肌が暗く見えるなら、洗顔でしっかり毛穴に溜まった皮脂や化粧汚れを落とすことが大切です。洗顔成分の粒子が細かい、毛穴向きのものを選びましょう。

どろあわわ どろあわわ
人気洗顔料どろあわわは、沖縄マリンシルトが決め手。細かい泥粒子が毛穴の奥にたまった汚れをかきだしてくれる。毛穴系洗顔料の大定番です。
くすみ汚れ/角質対策

毛穴よりも肌全体のくすみが気になる場合は、・顔全体の汚れがしっかり落ちているか、・角質が硬く/厚くなっていないかを疑います。こちらも洗顔で対策を。

二十年ほいっぷ 二十年ほいっぷ
くすみに特化した洗顔料二十年ほいっぷ。皮脂膜の汚れと角質の保湿ケアを同時に行うという難題を直火釜練り製法でクリア。くすみ対策ならまず試したい。

くわしくはこちらをご覧ください。

その色黒感…肌の「くすみ」が原因かも?

エイジングケア

加齢にともないできてしまったシミには、エイジングケア系美白化粧品がおすすめです。ハイドロキノンなどの漂白作用のある成分での集中ケアは、シミ改善期待◎。

ビーグレン ビーグレン
加齢にともないできるシミの改善で定評のあるビーグレンの美白ライン。まずは今あるシミをなんとかしたい、30代以上の方におすすめです。

また、もう少しライトなコスメとしては、アンプルールラグジュアリーホワイトもおすすめです。

ストレス・ホルモンバランス

ストレスがたまると血液やリンパの循環が悪くなり、肌のくすみの原因となります。また生理時などに肌荒れしやすい方はそれがシミにつながるケースもありますから、ホルモンバランスのケアを。

ラ ミューテ ラ・ミューテ
ラ・ミューテはホルモンバランスに着目した数少ない化粧品。ピュアダマスクローズが女性ホルモンを最適なバランスへと導いてくれる仕組み。香りもとてもナチュラルで癒やされること間違いなしです。

地黒は色白になれない?

色白になりたいけど、地黒だとムリなの?という質問をよく受けます。
これはまず、地黒だと思っていたけど、本当の肌はけっこう白かった、というケースがあります。水着で隠れる部分のお肌の色を確認してみてください。この肌の色までは、白くなることができると期待できますよ。

 

TOPへ戻る